インコ、オウムさんの突然死

京都の動物病院なら親切丁寧な対応のいなば動物病院

075-353-2700

〒600-8415 京都府京都市下京区松原通烏丸東入ル上ル因幡堂町728-2

診療時間/午前9:00~12:00 午後17:00~20:00(エキゾチック動物は最終受付18:30まで) 休診日:木曜・日曜午後・祝日午後

インコ、オウムさんの突然死

2018/06/24 インコ、オウムさんの突然死

今日は少し重い話題です。

 

 

当院に来られるインコ、オウムさんの突然死が増えています。

もちろん、何らかの感染症は見つかるのですが、免疫力が極端に低く、処置をしても間に合わない子が多いです。

鳥を診る獣医師として非常に無力さを痛感させられます。

 

インコ、オウムさんの免疫が下がる理由として、BFDやPBFDの感染があります。

全鳥を検査した訳ではありませんが、感染が増えていることも事実です。

また、PBFD様の症状が見られるインコ、オウムさんも来院されています。

 

他の感染症と混合感染する前に、もしくは、症状が出る前に対処すれば、インコ、オウムさんのしんどさを少し軽くしてあげることも出来ます。

 

検査には費用がかかりますが、心配な方、多頭飼育されている方は出来るだけ検査してあげて下さい。

 

また、感染疑いの小型インコさんが多数来院されていることから、大型インコさんに限り予約診療を取り入れることとなりました。

(※大型インコさんはほぼ確実に亡くなってしまう病気のため)

 

予約数には限りがありますが、元気な大型インコさんの検診などでご活用ください。

 

詳しくはお問い合わせください。

 

 

いなば動物病院
電話番号 075-353-2700
住所 〒600-8415 京都府京都市下京区松原通烏丸東入上ル因幡堂町728-2
診療時間 午前9:00~12:00 午後17:00~20:00
休診日 木曜・日曜午後・祝日休診

TOP