野鳥の病気にご注意!!

京都の動物病院なら親切丁寧な対応のいなば動物病院

075-353-2700

〒600-8415 京都府京都市下京区松原通烏丸東入ル上ル因幡堂町728-2

診療時間/午前9:00~12:00 午後17:00~20:00(エキゾチック動物は最終受付18:30まで) 休診日:木曜・日曜午後・祝日午後

野鳥の病気にご注意!!

スタッフブログ

2018/08/04 野鳥の病気にご注意!!

野鳥さんの巣立ちが少し落ち着いてきたように感じられる今日この頃。

それでもたくさんの野鳥さんに関する質問、問い合わせが来ます。

 

落ちている(実際は休んでいる)野鳥は拾わないでください。

飛行訓練の途中です。親鳥が近くにいます。

 

 

ヒトもよちよち歩きの子供が親から少し遅れて歩いていても、

いきなり保護したりしないですよね…

それは誘拐です。

 

それに加えて、野鳥さんは思っているよりもたくさんの病気を持っています。

先日当院へ来た元野生のフクロウさん。

(きちんとした手続きを踏んで保護されています。)

 

事前の検査で、口内細菌と糞便中の感染症は除去されていましたが、

血液内の寄生虫は残っていました。

 

これは吸血昆虫によって媒介されます。

つまり、おうちで鳥さんを飼われている方が野鳥を保護すると、

おうちの鳥さんまで危険に晒すことになります。

 

もちろん人に移る病気もあります。

保護される方は十分に危機意識をもって行って下さい。

 

点滴が終わったことに気づかず寝てるフクロウさん。

 

終わったなら教えてよー!と怒るフクロウさん。

 

野鳥さんはとてもかわいいですが、しっかりとした知識をもって接しないと

野鳥さん自身を危機に晒してしまうことにもなります。

知識と節度をもって接してあげて下さい。

 

 

いなば動物病院
電話番号 075-353-2700
住所 〒600-8415 京都府京都市下京区松原通烏丸東入上ル因幡堂町728-2
診療時間 午前9:00~12:00 午後17:00~20:00
休診日 木曜・日曜午後・祝日休診

TOP