サザナミインコのアンケート集計結果

京都の動物病院なら親切丁寧な対応のいなば動物病院

075-353-2700

〒600-8415 京都府京都市下京区松原通烏丸東入ル上ル因幡堂町728-2

診療時間/午前9:00~12:00 午後17:00~20:00 休診日:木曜・日曜午後・祝日午後

サザナミインコのアンケート集計結果

スタッフブログ

2018/11/20 サザナミインコのアンケート集計結果

先日Twitterでサザナミインコの飼い主さんに飼育環境のアンケートを行いました。

 

回答人数は35人ほどなので統計といえるほどのデータではありませんが、参考までに楽しんでご覧ください。

 

もっとばらつきが出るかと思いきや、意外と飼育環境は統一されており、

ショップさんやブリーダーさんの努力があるのだろうと感動いたしました。

 

そのため、ご飯の種類やメーカーにはあまりばらつきがなく(おそらくブリーダーさんが与えているものに偏っていると思われます。)

圧倒的にペレット食の子が多かったです。

シードを与えている飼い主さんも「シードを与えると消化不良を起こしやすい」という情報には注意しておられる方がほとんどで、良い飼育環境なんだという印象を受けました。

 

回答くださった方々のサザナミインコさんの年齢分布です。

 

まだまだ若い子が多いですが、10歳まで長生きしている子もいます!

今回の集計では平均3.5歳となりました。(集計数が少ないので信頼度は低い数値です。誤解の無いようお願いします…)

流行りや飼育知識の差によって平均年齢は変わってくるとは思いますが、これからまだまだ平均寿命が伸びそうですね!

 

そして皆さんが我こそはと写真を載せて下さったドでかいうんち!

ほぼすべてのサザナミインコがため糞をします。

ちなみにため糞なしのサザナミインコは1歳以下の子のみでした。

そのサザナミインコもかごの中でうんち場所を決めているようです。

巣(かごの中)を汚したくないという習性がほかの鳥さんよりの強い印象を受けます。

野生下でのサザナミインコの生活が気になるところですね!

 

小型のインコさんは珍しい「足を使う」という習性。

今回のアンケートでは7割以上のサザナミインコが足を使うという結果になりました。(器用、不器用の差はありますが…)

現地の方の話でも、野生のサザナミインコはみんな足を使って果物を食べているということでしたので、

サザナミインコが本来持っている習性のようですね!

また、野生のサザナミインコが足を使うようになるのは、親の動きをまねて学習しているような印象があるというお話もあったので、

同居の大型鳥さんの有無との相関性見てみましたが、特に関係はなさそうでした。

人が手を使うのを見て覚えていたりもするのでしょうか…?

 

最期に人気のおやつです。

シードは大人気です。次いで上位には果物がきます。

現地のサザナミインコはリンゴやマンゴー、パパイヤなどを食べているというお話があったので、果物は好きな鳥さんで間違いないようです。

もちろん、果物嫌いなサザナミインコもいましたので、果物を食べなくても心配しないでくださいね。

シードは人気ですが、シードでの消化不良を心配して、量をしっかり制限している飼い主さんがほとんどでした。

また一方で、シードしか食べなくて困っている飼い主さんもいました。

 

 

サザナミインコの食事内容に関しては非常に興味を持っており、ただいま研究中です。

現在の日本の獣医師の見解では、ペレット食にすべきという考え方です。

私もサザナミインコの飼い主さんにはそのように指導しています。

ただ、シードしか食べなくて困っている飼い主さんがいることも事実です。

ペレットへの切り替えは一朝一夕にはできません。

 

そこで、参考までにドイツの飼育書を読んでみました。

以下はあくまでもドイツの飼育環境においての情報です。

どの飼育環境が正解であるという結果は出ていませんので、参考として読んでください。

 

ドイツの考え方は「動物にも色々な味を楽しむ権利がある」というもので、ペレットのみで育てていない方も多いです。

そして、結構シードあげてる…

*50% 果物・野菜

*10% 野草・ハーブ

*40% シード(様々な形の

 

ここで、シードに「様々な形の」という注釈がついているのですが、ドイツでは水に浸した状態のシードや発芽したシードを与えることも普通に行われています。

日本でも人用の発芽玄米が流行ったように、発芽した状態の種は栄養価が良好になるというデータもあります。

(詳しくは勉強中です。申し訳ないです…)

つまり、ドイツの「シード40%」は乾燥シードだけではなく、もっと消化しやすい形のものも含まれています。

 

もし、シードしか食べなくて困っている飼い主さんは、ペレットに切り替わるまでの間、少し参考にしてみても良いかもしれませんね。

 

 

英語のサイトですが、ドイツの「サザナミインコネットワーク」というサイト

https://www.lineolated-parakeet.net/index.php  (英語版)

 

日本との飼育環境の違いを比べてみると楽しいですよ!

取り合えず、ケージが広い!笑

 

ここのサイトに許可をもらいましたので、少しずつ日本語訳して追々ご紹介できればと思います。

頑張ります!!

 

最期になりましたが、アンケートにお答えくださいました皆様、ありがとうございました。

 

いなば動物病院
電話番号 075-353-2700
住所 〒600-8415 京都府京都市下京区松原通烏丸東入上ル因幡堂町728-2
診療時間 午前9:00~12:00 午後17:00~20:00
休診日 木曜・日曜午後・祝日午後

TOP